本文へ移動

塗り替え工事の流れ

早めの手当てが家を長持ちさせるヒケツ

家の塗替えの必要性を理解しましょう。
建物は日々雨や紫外線、排気ガスなどで汚され傷つけられています。
 
だから建物も人と同じく定期的な検診が必要で、問題が見つかれば早めの手当てが必要なのです。

事前の情報収集が、上手な塗り替えのヒケツ。

塗装業者選びは、情報収集が決め手

信頼できる塗装業者を選ぶことが、塗替え成功のカギ。
口コミやインターネット、塗料・塗装の業界団体に確認するなど様々な方法で情報を集めましょう。
基礎知識①
 
建物の色
 
建物の印象は色で大きく変わります。
色の組み合わせで、リフレッシュ感や安堵感などの好印象を与えますが、街の環境に合わない色を選んだ場合はトラブルになることもあります。
長く住む家だからこそ、色の選択には十分な配慮が必要となります。
色は塗料会社のカタログや色見本帳で探せます。
カラーシュミレーション
 
気に入った色を見つけても、実際の大きな壁に塗ってみると色見本帳で見た印象と違って感じられることもあります。カラーシミュレーションは、自分の選んだ色を家に塗装した場合の完成イメージを視覚的に見ることのできる手法です。

業者まかせではなく、まず自分の希望を整理

塗替えにかけられる予算、建物の色や模様などなるべく多くの情報を集めて、ご自分の塗替えに対する希望を整理し塗装業者と相談しましょう。
基礎知識②
 
建物の仕上がり

外装について

外壁の仕上げの模様や色を変えることで建物は様々な表情を持ちます。
様々な模様や色の中から自分の好みをさがしてください。

塗料について

塗料の耐久年数は、塗料の種類だけでなく、環境、施工部位などによって変わります。
建物に使用する一般的な塗料には様々な種類があります。
塗料会社のホームページ、カタログなどを見てどんな塗料があるのか調べて塗替えの参考にしてください。

工事内容を良く知ることが、納得のヒケツ

見積りは細かくチェックしましょう!

少なくとも2社以上から見積もりを取って比較しましょう。
説明する時の態度や受け答えも判断ポイントのひとつです。

塗替え工事の見積書は一般的に、次の様なものからなっています

一般的な戸建住宅の場合、1~2週間程度の工事期間を目安に。

工事期間は建物の大きさや使用する材料によって大きく変わります。
雨天の日などは作業を中止することもあるので、そのぶん工事期間が延びます。日程は少し余裕をもって組みましょう。
基礎知識③
 
塗装工程について
TOPへ戻る